サウンドオフィス・コアが大切にしていること

サウンドオフィスコアが大切にしていること

ウエディングパーティーを終えたときに、「いい音楽だった」だけでなく「あの人に頼んでよかった」と思っていただけるプレイヤーを派遣したいと思っています。

そのために、「楽譜が読めて弾ける」というだけではなく、シーンや状況に応じた曲選びをご提案してタイミングよく演奏できるという、音楽プロデューサーの考えを持つプロのプレイヤーを育てています。

またセレモニーでは、遺族の方の心情を理解したうえで、故人に感謝の気持ちを込めた演奏を行うことが大切です。最後のステージを美しく演出して見送ってあげられる、心あたたかいプレイヤーを派遣したいと考えています。

昭和56年のプレイヤーコース開設より、これまでに数多くの実力あるプレイヤーを生み出してきました。音符をアレンジして演奏できる、婚礼の現場で活躍するプロ講師ならではのレッスンを行っています。これまでブライダルやセレモニーでの演奏を体験したことがない方でも、よく知られているスタンダードなナンバーやJ-Popといった耳なじみのある曲の練習を通じて、楽しくどんどん上達していけます。

「音楽で社会とつながる気持ちを、技術と一緒に教えていきたい」これが、サウンドオフィス・コアの講師の願いです。

>>サウンドオフィス・コアのレッスンコース紹介


レッスン生の声

M・Mさん

レッスンを始めてちょうど1年、今まで分からなかったコードが読めるようになり、J-POPのアレンジもできるようになりました。
同時に家でJAZZを練習していたので、コードにも慣れ、JAZZの二段譜でもある程度初見が可能になってきました。
レッスンでは有名な曲をたくさん習うので、お店で弾くと店員さんやお客様にも喜ばれ、少しずつ音楽でコミュニケーションが取れるようになってきました。
これからはムーディな、ラウンジで弾けるJAZZを習いたいです。そしてどんな曲でも人が聴いていて心地よいと感じる演奏をしたいと常々思っているので、引き続き、弾き方やアレンジを教えていただきたいです。

M・Uさん

ピアノの音がよりきれいに聞こえるような弾き方・その曲がより生き生きと聞こえるようなアレンジや弾き方のポイント、またそのための指使いを教えて頂き、為になりました。
ライフスタイルに合わせて適切なご指導をして頂いたおかげで、どうにか続けることが出来て本当に感謝しています。
先生が笑顔で少しでも良いところをみつけてレッスンして下さるので、心が和みます。先生というだけでなく一人の女性としても憧れています。
これからもどうぞよろしくお願いします。

C・Sさん

レッスンを受けて1年前に比べるとコードの基本的な事が理解でき、譜読みもこなれて早く読めるようになりました。
これからは曲と曲のつなぎ方や、アドリブなど現場で必要な事を実践的に学びたいです。
仕事をかけもちしながらマイペースですが少しずつ音楽活動を続けていきたいです。
先生の演奏現場も1度見学してみたいです。

大塚センターレッスン生

先生のお手本が大変参考になりました。自分では思いつかないような素敵なアレンジを沢山学べています。「実際の式ではこうやって弾くといいよ」というアドバイスもとても勉強になっています。
今後はもっともっとアレンジの仕方、レパートリーの曲数、またメロディーフェイク・曲と曲のつなぎ、イントロなどを勉強していきたいです。
今のようなご指導をこれからも続けて下さるとうれしいです。


資料請求・お申込み・お問い合わせはこちら